タロット占い「世界」の2021年運勢まとめ!

タロット占いにおける大アルカナ最後のカードの「世界」にはどんな意味があるのでしょうか?最高のカードとも呼ばれているので、とても気になりますよね。

そこで今回は、2021年にタロット占いで「世界」が正位置で出た場合と、逆位置で出た場合の運勢や、恋愛運についてもご紹介していきたいと思います。

世界の正位置と逆指値

まずは、タロット占いで「世界」が正位置で出た場合の総合運です。2021年に「世界」が正位置に出た場合、全てが順調であると言えますね。

タロットカードの大アルカナには、0番から21番まで22枚のカードがあります。その中で、21番目のカードが「世界」です。

 

「世界」の正位置のキーワードは「成功・完成・願望成就・目的達成」などですので、パズルの最後のピースが埋まるイメージです。

今まで努力してきた事が最高の形で報われます。まさに、最高の運気と言えます。全てが望んだ形で完成することを暗示していますので、何をしても上手くいきます。

 

一方、「世界」が逆位置で出た場合の暗示は「挫折・未完成・中途半端・停滞」を示しています。世界の正位置が完成を表したのに対し、逆位置では未完成で中途半端になってしまうのです。

そのため、「世界」の逆位置の運勢は、努力してきたことが報われないまま中途半端な終わりを迎えてしまうことをしめしています。

 

また、もう少しで願いが叶う所だったのに、一歩手前で停滞してしまう事も多いでしょう。2021年に「世界」の逆位置がでた場合は、あと一歩でモヤモヤが残ってしまう運勢です。

世界の恋愛運

タロット占いで「世界」が正位置で出た場合の恋愛運は、幸せの絶頂を味わうことが出来そうです。恋愛運を占って「世界」の正位置が出た場合には、結婚や幸せ、運命の出会いを暗示しています。

お付き合いをしている人は結婚へと進んでいきますし、シングルの人は運命ともいうべき、素敵な相手と巡り合う事が出来るでしょう。

 

2021年に「世界」の正位置が出た恋愛運は、この世の春ともいうべき幸せな恋愛運を享受することが出来ます。

では、タロット占いで「世界」が逆位置で出た場合の恋愛運はどうでしょうか?未完成や停滞を表す世界の逆位置は恋愛においても、前に進みません。

 

お付き合いしていても、タイミングが合わずに結婚まで進まない可能性があります。出会いはあるけれど望んだ相手ではなくて、悩みが絶えないなどの意味になります。

でもあと一歩で完成できる状態なので、もうひと踏ん張りが必要な運勢となります。2021年に「世界」の逆位置が出た場合は忍耐する1年になるでしょう。

世界の2021年まとめ

今回は「タロット占いで世界が正位置と逆位置の意味」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最高の完成を表す「世界」の正位置が出た時の運気は絶好調です。前向きな気持ちで安心して過ごして下さい。逆に「世界」の逆位置が出た時はもうひと踏ん張りして、完成まで頑張りましょう。

 

タロット占いでは、正位置と逆位置で運勢が真逆になります。2021年に「世界」が出た場合に正位置か逆位置にでたのかチェックしましょう。

タロット占い「世界」をもっと知るならコチラ