タロット占い「隠者」2021年の運勢まとめ!

今回は、タロット占いで「隠者」が出た人の2021年運勢をまとめてみていきます。隠者とは世間と距離を置いて隠れて生活する人の事を指します。

隠者の絵にはランプと杖を持ち下を向いている老人が描かれています。俗世間と離れ、周りの雑音を遮ってじっくりと内省し、ここまでの道に辿り着くまでには相当の時間を要したと見れます。

 

長い旅路の末にランプと杖は魔法の道具に変化したと言われています。ランプの中で輝いている六芒星はスピリチュアルな視点で現実を見定めて照らしているという星です。

隠者のカードは「正しい道はこちらだ。」と山頂に立ち、過去の自分と自分と同じ道を行こうとしている者を照らして導いているというカードです。達観、悟りの境地と高い精神性を表しています。

隠者の正位置と逆位置

2021年を占い、隠者のカードの正位置が出た場合運勢はどうなるでしょうか。隠者の正位置には「精神性・内観・内向的・慎重」という意味があります。

2021年は、自分の内面に目を向ける年です。活気や華やかさに欠けるかもしれませんが裏方で活躍をしたり、真理を追究していく年になりそうです。

 

仕事もマイペースで自分の裁量で進められそうな暗示です。静かな環境で人間関係に煩わされる事なく心穏やかに過ごせたり、冷静な判断ができて周囲から頼られる可能性が高いです。

しかし、単独行動や個人プレーになる事が多いと気分がだらけてしまいがちなので計画を立ててベストを尽くすように努めましょう。

 

また、逆位置の場合は「消極的・悲観・頑固・現実逃避・過去に囚われる」という意味があり、2021年は細かい事に捉われ孤独感を感じる年になりそうです。

独りよがりで自分の世界に籠り、周囲から何を考えているかわからない人と思われたり、周りの環境に馴染めず肩身の狭い思いをしたりすると考えられます。

 

適度に周りに同調し、深く考え過ぎないようにリラックスするよう心掛けましょう。

隠者の恋愛

恋愛については正位置であるとあまりオープンでない、相手に気を遣っていて心内でひっそりと想っていたり、周囲に交際している事を隠しているという状況が考えられます。

両想いであっても思うように上手くいっているとは言えない状態かもしれません。隠者のカードの正位置は、精神性の繁栄を表します。

 

お互いに心の深い部分で繋がって理解を深め合い、精神の結びつきを高めるという事ができる年になるでしょう。

また、二人の関係性についてどうしたいか自分の考えに浸って模索しているという事も考えられます。過去を振り返りながら自分の中で整理して問いただしていけば答えが見つかるでしょう。

 

逆位置の場合は、相手を真に理解する事ができず相手の想いを軽視している、思慮深さがなく表面的に捉えているという意味があります。

2021年は片想いでも両想いでも相手の気持ちが理解できず心の結びつきができないという年になってしまいそうです。

 

考えが偏って独りよがりになっているので、人に相談して考え方を改めようとしたり、自分と向き合って磨いていくという意識で頑張って乗り切っていきましょう。

隠者のカードは今までの学んできた事に目を向けて自分で判断する、「答えは自分の中にある」という事を示唆するカードです。

 

ランプが足元を照らしている事から足元、しっかりと今置かれている現実に目を向けるべきだと伝えています。

答えが見つかり自分自身を尊重できるよう、周りの言動に影響されずに自分の内面としっかりと向き合う年にしましょう。

タロット占い「隠者」をもっと知るならコチラ