火星人×火星人の相性はコチラ

今回は、個性的で他にはない感性を持ち、平凡な事を嫌う火星人同士の相性について紹介したいと思います。火星人同士の相性というのは、基本的にあまりよくありません。

しかし、同じ火星人同士でも陽(+)、陰(-)の関係によって相性が良くなることもあります。そのため、火星人プラス同士の相性や、火星人マイナス同士の相性など具体的に見ていきます。

火星人(+)と火星人(+)の相性

同じ星同士はあまり相性が良くないと言われますが、火星人同士も基本的な相性はあまり良くありません。

その中でも個性的で独自のポリシーを持っている火星人プラスと火星人プラスは、自分の考え方を変えようとしない傾向にあります。

 

そのため、お互いの意見が衝突してしまうと激しい争いになりがちです。どちらが悪いという訳ではないのですが、お互いに引かない傾向にあります。

特に、仕事のパートナーとしての相性はあまり良くありません。起業をする際には、あなたが火星人プラスなら、パートナーが火星人プラスでないことのチェックをしてください。

 

また、恋愛の相性もケンカになると激しい争いになりやすいです。また、お金にも無頓着な所がありますので、火星人プラス同士が結婚した場合は貯蓄が出来なくなります。

そのため、いざという時に困るという事も多々あります。職場の同僚レベルであれば、気が合って良いのですが、恋愛や結婚と深い関係になると相性はイマイチです。

 

相性の良くない火星人プラスと火星人プラスですので、できれば付き合いたくない。でも、どうしてもという場合は、相手の意見に耳を傾ける事を心がけると良くなります。意識してみてください。

火星人(-)と火星人(-)の相性

火星人マイナスと火星人マイナスも基本的には、火星人プラス同士と一緒です。あまり、相性はよくありません。

火星人マイナスは、火星人プラスよりも頑固な傾向にありますので余計に反発が強いです。そのため、火星人マイナス同士が争いになった場合は、争いが長引いてしまう傾向があります。

 

ただ、火星人マイナスは独特の感性を持っています。趣味を仕事につなげたり、幅広い魅力を持っています。

そのため、火星人マイナス同士は、無理に合わせようとすることはやめましょう。お互いの個性を尊重して、それぞれ良い部分を伸ばしていくようにしましょう。

 

そうすると、お互いが切磋琢磨しながら成長をする事が出来ます。持って生まれたクリエイティブな感性を伸ばす事も可能なのが、火星人マイナス同士の相性です。

マイナス部分に焦点を当てるのではなく、お互いの長所を一緒に伸ばしていくことを意識していきましょう。

火星人(+)と火星人マイナスの相性

火星人同士の相性の中で一番良いのは、火星人プラスと火星人マイナスの相性になります。個性的で独自のポリシーを持っている部分は一緒です。

ただ、火星人プラスと火星人マイナスであれば、磁石でくっつくように、お互い惹かれあう部分があるのです。

 

個性的な者同士でも、お互いに違う個性を持っていますので、趣味やこだわる部分が異なり、その異なる部分が魅力的に映るのです。

そのため、友人や恋愛の相性はすごく良いです。ただ、結婚となると火星人プラスと火星人マイナスの両方が金銭に無頓着なので、家計の管理は難しいでしょう。

 

金銭面ではお互いに協力して取り組むだけではなく、専門家にアドバイスをもらうことがうまくいく秘訣と言えます。

火星人同士の相性まとめ

今回は、火星人火星人相性を見てきました。いかがでしたでしょうか?どの組み合わせでも、火星人同士の相性はあまり良くありません。

ただ、相性が良くない中でも、何かしらうまくいくところがあるはずです。お互いをよく知ることで、うまくいく事も可能です。全くなしという相性ではないので、努力で乗り越えてください。

あなたにおススメのページ

火星人プラス(2021)まとめ
火星人マイナス(2021)まとめ
火星人の相性ランキング
大殺界(2021)早見表はコチラ